健康サポート

季節の健康トピック

(2021年4月30日更新)
コロナ禍での運動不足にご注意を

病気と治療の基礎知識

(2021年5月14日更新)
五十肩

クイズdeヘルスケア

ただいま、新コンテンツ移行のため、タイトル表示切替工事中です。
ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。


〜 新型コロナワクチンQ&A 〜

Q1 新型コロナワクチンの効果はどのくらい続きますか?

日本の予防接種で使われている米ファイザーのワクチンについては、2回目の接種から6カ月間は有効性が維持されることが示唆されています。今後承認が見込まれる英アストラゼネカ、米モデルナのワクチンについても、2回接種後に最低でも3カ月間は十分に抗体の量が維持されることがわかっており、さらに長い期間の効果持続も期待されています(2021年3月現在)。どれほど効果が持続するかについての調査は現在進行形で行われており、今後さらに明らかになっていくでしょう。

Q2 日本の製薬会社が開発した新型コロナワクチンを打ちたいのですが。

日本の製薬会社も新型コロナワクチンの開発に乗り出していますが、実用化はもう少し先になりそうです。開発を進めている会社(ワクチンの種類)は、塩野義製薬など(組み換えたんぱく質ワクチン)、第一三共など(mRNAワクチン)、アンジェスなど(DNAワクチン)、KMバイオロジクスなど(不活化ワクチン)、IDファーマなど(ウイルスベクターワクチン)となっています。

もっとも先行しているのはアンジェスとみられ、第2/3相臨床試験のワクチン接種が3月初旬に完了したところです。数カ月の経過観察を経て安全性と免疫原性の評価を行う予定です。塩野義製薬は2020年12月に第1/2相臨床試験を開始しました。第一三共は2021年3月に第1相臨床試験を開始予定です。


このコーナーでは、新型コロナウイルスワクチンに関するQ&Aを毎週2題ずつ掲載していきます。
Q&Aは書籍『日米で診療にあたる医師ら10人が総力回答! 新型コロナワクチンQ&A100』からの転載です。


ページの先頭に戻る

 


カラダに効く食材

(2021年4月16日更新)
シュンギク◎豊富なβカロチンが免疫力を高める